マヤ遺跡とマヤ文明への想い-The thought to Maya ruins and Mayan civilization

About Mayan civilization

Mayan civilization is the ancient civilization developed in the large Central American area. When the present country showed, it spread in the area from Istmo de Tehuantepec included in Guatemala, Belize, Honduras, El Salvador, and Mexico to the Yucatan Peninsula whole region, reached to an extreme of prosperity between things for more than 2500 years, and had built civilization.

The Maya ruins in this area have been checked by research so far and investigation also hundreds. However, it is said that the ruins which have many uninvestigated areas and where they are undiscovered exist innumerably still more.

マヤ文明とは

マヤ文明は中南米の広い地域で発達した古代文明です。現在の国で示すと、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドル、メキシコに含まれるテワンテペク地峡からユカタン半島全域までの地域に広がり、2500年間以上もの間繁栄を極め文明を築いていました。

この地域におけるマヤ遺跡は、これまでの研究や調査によって数百も確認されてきました。しかしながら、まだまだ未調査の地域が多く未発見の遺跡は無数に存在すると言われています。

特に重要視されているマヤの遺跡

ウシュマル(ユカタン州):高度で精巧に作られた彫刻、プウク様式で知られる代表的な遺跡です。1996年に世界遺産に登録されました。

カラクムル(カンペチェ州):カーン王朝の首都であった遺跡で、45メートルの高さのピラミッドなどが存在します。2002年に世界遺産に登録されました。

キリグア(イサバル県):巨大彫刻のモニュメントが代表的な建造物である、モタグァ川流域に存在する遺跡です。1981年に世界遺産に登録されました。

コパン(コパン県):立体的に見える浮き彫り彫刻を代表として知られる、モタグァ川流域に存在する大遺跡です。1980年に世界遺産に登録されました。

チチェン・イッツァ(ユカタン州):神秘的な洞窟湖で知られるセノーテやトルテカと深い関わりのある、古典期前半のマヤ文明で実質的な首都であった遺跡です。1988年に世界遺産に登録されました。

ティカル(ペテン県):カラクムルを相手に古典期のマヤにおける覇権争いをした大国の首都です。密林の中に50メートル以上のピラミッドを林立させました。1979年に世界遺産に登録されました。

パレンケ(チアパス州):ウスマシンタ川の下流域に存在する遺跡です。神殿のピラミッドから王の墓が発見されたことで知られています。1987年に世界遺産に登録されました。

ホヤ・デ・セレン(ラ・リビエルタ県):エルサルバドル西部に存在する集落。火山灰の影響で、当時の様子そのままに集落が残っています。1993年に世界遺産に登録されました。


since2005Copyright © Maya ruins | 我が愛すべきマヤ遺跡とキーボード