[番外編]ローンで買いすぎて債務整理した話

買いすぎてやってしまった

あまり触れたくない話しだが、楽器マニアには結構陥りやすい話だったりするのであえて紹介してみる。

まあ結構なキーボードを今まで購入してきたわけだが、すべて現金で一括払い、なんてことではなかった。

ほとんどがクレジットローンというか、よく楽器屋によっては提携しているローン会社があり、そこのローンを使用して12回払いとか24回払いとかするわけ。

たいていが頭金なしで月々1万円とかで十万円以上する商品もその場で持ち帰れてしまうので、若かった自分にとってはとても魅力的で、何度も活用していた。

ただこれが3つ4つと重なると結構な額になるわけで・・・

支払いが滞ると次のローンが通らなくなるので、なんとか支払いを継続するために、あるとき消費者ローンに手を出してしまった。

一昔前はテレビCMなんかでもよく派手に流れてたりしたアレだ。

債務整理で一件落着

そんなわけで楽器のローンやら消費者ローンやらの支払いがかさんできて、それでも新しい楽器が出るとどうしても試したくなるのはもはや病気レベル。

結果消費者ローンは支払っても支払っても利子が精いっぱいで元本が減らないという悪循環に陥ったのだ。

借りたのは確かに自分なので責任はあるが、いくらなんでも高すぎる悪魔のような利子に対して何か手はないかと思っていたところ、相談した専門家に勧められたのが債務整理というやつだった。

基本的な処理はその専門家に任せたのでどういうからくりを使ったのかはわからないが、結局は法外な利子だったようで、すでに元本はほぼ0円に近い額で、一括で返済処理することができた。

知らないって怖いな、と思った一件だったが、自分の物欲のせいでもあるわけで、それ以降あまり無茶な収集は控えている。


since2005Copyright © Maya ruins | 我が愛すべきマヤ遺跡とキーボード