古代文明とパンの繋がり

パンの起源と古代文明

われわれの食生活の根幹となる起源は、古く古代文明に遡ります。パンの起源には諸説ありますが、チグリス・ユーフラテス川流域に栄えたメソポタミア文明の頃から、小麦が広く栽培されていたといいます。その期限は実に現在から1万年前となります。ただしこの頃は単純に収穫した小麦をそのまま火て炒ったり、お湯に入れてお粥のようにして食べていたとされています。その後数千年の時代を経て、小麦を粉に挽いて水を加え、こねた後に焼くという現在のパンの製法とほとんど変わらない調理法が広まってきます。これがパンの起源とされるもので、これが紀元前4千~6千年前の出来事となります。

初期の頃は、小麦粉に水を加えて練ってすぐに焼いた無発酵のパンでした。ピザのようにあまり膨らまない平らな生地だったとされています。その後、さらに紀元前の3.5千年前くらいになると、発酵という技術を発見し現在のような膨らんだパンが作られるようになりました。この発酵は、最初は偶然に発見されたもので、出来上がった生地をしばらく放置していたところ発酵が進み、それを焼いてみたら今までよりも美味しいパンが出来上がったのです。この技術を発見した後、さらにパンの製法や種類は増えていくこととなります。

現代文明におけるパン作り

古代文明からのパン作りから見ると、実に1万年という気の遠くなる年月もパンは食べ続けられています。それだけ、われわれ人類にとって身近であり、また無くてはならない物となっています。

では、現代におけるパン作りはどのように変化したのでしょうか?パンの種類は多種多様になっていますが、基本的なパンの製法は一切変わっていないのです。小麦を収穫して小麦粉を作り、それを水と合わせて練り上げ、発酵を繰り返し生地を完成させて、最後に焼きあげる。これだけのシンプルな工程に集約されたパンは今の世の中でも非常に愛された食べ物で、もちろんこれからも変わりなく食べ続けていかれることでしょう。

そしてここ十数年の変化では、材料を入れればパンを自動で焼きあげるというホームベーカリーが台頭してきています。この機械自体、様々な種類の機種が存在しホームベーカリーを比較してパン作りをするという時代になっているのです。数千年のパン作りの歴史の中で、この十数年のパン作りの変化はまさに革命的と言えます。いったいこの後の数十年は、どのような変化が起こるのでしょうか?

パンにおける小麦、または米などはまさに地球からの恵といえます。これまで一緒に育ってきたこれらの自然を、今後の文明と共にこれまで以上に大切にしていく必要があります。


since2005Copyright © Maya ruins | 我が愛すべきマヤ遺跡とキーボード